甲状腺や更年期障害は内科治療でスッキリ治る|負担ナッシング治療

加齢に伴う体の不調

笑顔

年齢が重ねるごとに、多くの人は体に現れる不調に悩まされるようになります。肩こりや腰痛、手足の痺れやめまいなどの症状のほか、理由のないイライラや不安感などの精神にもたらされる症状も現れるようになるものです。このような症状に見に覚えがあるという人は、更年期障害を患っていることが考えられます。更年期障害とは、加齢によってホルモンバランスが乱れてしまい、心身に現れるようになる症状です。特に女性がこうした更年期障害に罹る割合が高いので、注意が必要となるでしょう。女性は年齢によって女性ホルモンの分泌量がアンバランスになりやすいので、ホルモンによる影響を強く受けるようになります。加齢によって更年期障害に陥ってしまった場合、原因は女性ホルモンの減退にあるため、ホルモン量を補強する治療を受けることで症状を緩和できます。専門の内科に受診することで、ホルモン補充療法などの治療を受けることができます。軽度の更年期障害であれば、女性ホルモンを補強する薬を処方してくれるので、お金も掛けずに症状を改善させられるでしょう。

更年期障害などの治療を行なう内科は、都筑区など多くの地域に存在します。気になる症状が現れた場合、初めに内科へ受診するほうがベターでしょう。症状別に医師を紹介する窓口のような役割も担っているので、気軽に内科へ受診するようにしましょう。更年期障害のほか、甲状腺の異常に関する治療や免疫細胞療法なども内科では行なっています。投薬や放射線ヨード療法などにより、負担なく甲状腺治療を行なうことができます。免疫細胞療法では、キラーT細胞や樹状細胞を利用した治療法が行われています。免疫機能を向上させることで、体に負担を与えずに治療効果を高められるとして評判の治療法なのです。

ホルモン量がもたらす症状

医者

甲状腺のホルモンが過剰、または欠乏している場合、体の体感温度の変化が現れるようになります。動悸や息切れのほか倦怠感などの精神的な症状も現れるので、実生活にも大きな影響が与えられます。甲状腺治療を受けることで、体に負担を掛けずに問題となる症状を改善できるでしょう。

負担のないガン治療

医者

免疫細胞療法は、体を守る免疫細胞を活用することで、ガン治療を行なうことができます。キラーT細胞などの免疫細胞を培養させて治療する方法や、樹状細胞と呼ばれる細胞にガンを覚えさせ、効率的に腫瘍を攻撃させることもできるのです。

投与治療を主に行なう

カルテ

都筑区の内科では、治療薬の処方などで病気を治してくれるので、体に負担を掛けることなる症状を改善させることができます。ほかにも内科は病状毎に適切な医師を紹介する窓口のような役割も持っているので、初診の場合は必ず内科を受診するようにしましょう。